シンガポールでの暮らし。

2017年7月より、夫の駐在に合わせて夫婦2人でシンガポールへ移住。日々の出来事、シンガポールでの奮闘の記録を残していきたいと思います。(シンガポールの前は2カ月ほど香港に住んでいました)

香港観光スポット②【香港文化博物館】

 

昨日は香港に移住してから知り合ったローカルの友達に

おすすめされた博物館へ行ってきました。

 

「香港文化博物館(HongKong Heritage Museum)」という博物館です。

HPがこちら↓

Hong Kong Heritage Museum - Highlights

  

*この博物館は香港政府によって運営されているため、

基本的な入場料はタダです。

(期間により特別展示のみ有料の場合があります)

 

完全に個人の主観になりますが、参考までにレポートしておきたいと思います。

(展示内容は期間によって異なりますのでご留意ください!) 

 

  • 「Inventing le Louvre: From Palace to Museum over 800 years

今年の4月から7月までの約3カ月間にわたり特別展として開催されているスペースです。ルーブルからの美術品が多く展示されており面白かったのですが、個人的にはルーブル美術館の歴史を知ることができた点がとても魅力的でした。

 

私的な備忘録として今日勉強したことを記録しておきます(笑)。

現在のルーブル美術館は12世紀に要塞として建てられたのが始まり。その後長い間、国王の宮殿として使われてきましたが、17世紀にフランス国王のルイ14世が自身の王宮としてヴェルサイユを選び、ルーブルは歴代国王が集めてきた美術品を保管する場所として機能するようになったそうです。その後18世紀に正式に美術館としてオープンし、現在も拡大を続けています。そしてもう間もなく国外の分館としてアブダビにもルーブルがオープンするのです!

↓新たにオープンするルーブルアブダビ美術館のHP

Home - Louvre Abu Dhabi

 

ルーブル美術館へ行ったことがある方も、美術館自体の歴史を知ることができ、改めてルーブルを訪れてみたくなるような内容になっていると思います。

 

  • 「Splendours of Dunhuang: Jao Tsung-i's Selected Academic and Art Works Inspired by Dunhuang Culture」

中国人の学者、詩人、アーティストである饒宗頤(Jao Tsung-i)という方の

作品がコレクションされています。

 

書道作品がメインでしたが、

字体がとてもかわいらしくユニークで好みのテイストでした。

 

↓蓮の花をテーマにした作品が多くありました。

中国らしい雰囲気が出ていてとても素敵です。

f:id:nahanonahanona:20170606231404p:plain

 

  • 「A Glimpse of Tsui's Collection」

徐展堂(Tsui Tsin-tong)という香港の有名骨董品収集家が寄贈した作品が

展示されています。こちらは常設展のようです。

 

古いものは紀元前200年頃の土器や、翡翠でできた置物、陶器など多岐にわたるコレクションが広いエリアに展示されていました。

 

中でも「十二花神杯」という12の月ごとにデザインされた陶器の湯飲み?が繊細でとても素敵でした。↓

http://www.heritagemuseum.gov.hk/documents/2215056/2215358/A_Glimpse_of_Tsui%27s_Collection_2.pdf

 

  • 「Bruce Lee:Kung Fu ‧ Art ‧ Life」

こちらは来年(2018年)の7月までやっている展示で、ブルースリーの生涯にわたる活躍の歴史をまとめたエリアになっていました。

 

今回は時間がなかったのでゆっくり見ることはできなかったのですが、かなり展示も凝っていたので興味のある方はじっくり見てみると面白いかもしれません。

 

ブルースリーって生まれはサンフランシスコの中華街なんですね!

周知の事実なのかもしれませんが、私は初めて知ったのでびっくりしました。

 

 

 

以上を今回2時間ほどかけて見て回りましたが、

見れなかったブースもあり、予想以上にボリュームのある博物館だったので、

興味のある方は時間に余裕をもって行かれることをおすすめします。

 

友人におすすめされるまで恥ずかしながらこの博物館の存在自体を知らなかったのですが、香港の文化を知るにはとても良い場所だと思いました。

 

都心から少しアクセスが悪いのと、

英語(もしくは中国語)で解説を読まなければならないところが不便ではありますが、個人的には期待を上回る内容でした!

 

ぜひ興味にある方は足を運んでみてください~。