シンガポールでの暮らし。

2017年7月より、夫の駐在に合わせて夫婦2人でシンガポールへ移住。日々の出来事、シンガポールでの奮闘の記録を残していきたいと思います。(シンガポールの前は2カ月ほど香港に住んでいました)

シンガポール観光スポット②【ガーデンズ バイ ザベイ】

先日義母が来星していたので、

3人でシンガポール観光に出かけました^^

 

今回はその中でも「ガーデンズ バイ ザ ベイ(Gardens by the Bay)」のレポートをしたいと思います。

 

シンガポールのお決まりの観光スポットのひとつです。

 

↓まずは、こちらがガーデン敷地内の地図 

f:id:nahanonahanona:20170807182031p:plain

 

ガーデンズバイザベイの敷地内は無料で歩くことができます。

 

その中でも、観光の目玉になっているのが「フラワードーム(Flower Dome)」と「クラウドフォレスト(Cloud Forest)」という2つの低温室です。

 

こちらは入場料がかかります。

(2つのドームセットで28シンガポールドル←旅行者価格)

 

ガーデンズバイザベイというと屋外の木の形をした巨大オブジェ(スーパーツリーというらしいです)のイメージが強く、これにこの値段払うのか~と思いましたが、この2つの低温室は世界最大級の温室で、かなり見ごたえがあり、払った価値はあったと思います。

 

  • フラワードーム(Flower Dome)

まずは背の低い方の低温室、フラワードームへ足を運びました。

そもそも低温室ということを知らなかった私たちは、温室に入ってびっくり!とっても涼しく暑い屋外から入るととても気持ちよかったです。もはや寒いくらいだったので、羽織物を持参することをおすすめします。

 

温室内は種々多様な植物が植えられており、世界中の植物がエリア別に展示されていました。

 f:id:nahanonahanona:20170801152730j:plain

果肉植物や樹木以外にも、花も種類が豊富でとても色鮮やかでした。

 f:id:nahanonahanona:20170801152737j:plainf:id:nahanonahanona:20170801152748j:plainf:id:nahanonahanona:20170801152818j:plain

 

特にシンガポールの国花である蘭は数も多く栽培されていて、鮮やかな色がとても綺麗でした✨

 

かなり広い敷地の内部がさらに2階?に分かれているので、ゆっくり見て回ろうと思うと相当な時間がかかると思います。

 f:id:nahanonahanona:20170801152832j:plain

 

フラワードームを出たあとは、すぐ隣の「クラウドフォレスト」へ。

 

こちらはフラワードームと比較すると背が高く、室内には緑に覆われた5階立て程度の建物があり、そこから人工の滝が落ちていました。

 f:id:nahanonahanona:20170801152846j:plain

こちらもそのスケールの大きさと斬新さに圧倒されました。

 

メインの建物へはエレベーターで上ることができ、頂上から順に歩いて下りるコースが設置されています。

f:id:nahanonahanona:20170801152904j:plain

 

こちらは苔やシダの類が多く、緑が鮮やかでフラワードームとはまた少し異なる植物を見ることができました。

 

 f:id:nahanonahanona:20170801152854j:plain

 

緑が鮮やかで葉の形や模様も様々で見ているだけで癒されました^^

 

  • スーパーツリー(Super Tree)

最後に、よくガーデンズバイザベイの写真に使われているツリーを見てきました。

 f:id:nahanonahanona:20170801152913j:plain

ツリーの周りにはこちらもシダが使われており、人工物ながら自然を利用したユニークな景観でした。

 

今回は上には上りませんでしたが、上るとガーデン内が一望できるそうです。 

 

 

余談ですが、シンガポールに来て初めに驚いたことは、街中に緑が多いことでした。空き地のような公共スペースには基本どこも芝が植えられており、また高級ホテルやコンドミニアムなどにも必ず緑が植えられていて、綺麗にメンテナンスされており、街中ながらリゾート地のような雰囲気なことに驚きました。

 

よく考えてみるとチャンギ空港の最新ターミナルにも壁一面に緑が植えられており、国を挙げた「緑化政策」がとても重要なテーマになっているんだなーとガーデンズバイザベイを観光し改めて感じました。また、緑といっても自然そのままの緑ではなく、しっかりと手入れされ、虫食いや落ち葉などがほとんどない、というところもシンガポールという国の「衛生的でクリーン」なイメージづくりに一役買っているんだなと感じました。

 

 

今回はこの3か所を見て回りましたが、敷地内はかなり広く(有料のシャトルバスが通っているくらい)、その他にもいくつか観光スポットがあったようなので半日程度は過ごせると思います。

 

また、今回は昼間に訪れましたが、夜もライトアップがされていてまた違った表情が見れるのではと思います。

 

正直そこまで期待値が高くなかったのですが、行ってみたらかなり見ごたえがあり、またシンガポールらしさを感じられる良いスポットでした。

(温室内が涼しいのもとてもうれしかったです笑)

  

Gardens by the Bay(英語HP)